保育士になるために必要な資格を取得するには

保育士の仕事とは、保育所や児童福祉施設などで子供の保育をします。日本で保育士となるには、国家資格が必要となる仕事の一つです。一般的には、保育士の養成学校に通って必要な知識を得ます。しかし必ずしも、養成学校に通わなくても取得できる方法があるのです。それは保育士試験に合格し、資格を取得する方法になります。ただし受験資格には、短大卒業程度以上が求められるのです。試験は各都道府県知事が、実施することになっています。科目は筆記と実技があり、各科目で6割以上得点すれば合格です。

求人が多い仕事ではあります

近年では社会問題としても、取り上げらているのが待機児童のことです。待機児童とは、保護者が保育施設への入所を申請しているのに、入所できずに待機している児童のことを指します。これは女性の社会進出化も、要因の一つとされています。しかし女性の社会進出は、社会の風潮であり行政側も求めたことでもあるのです。したがって保育施設と保育士の求人を増やすことが、待機児童をゼロにできることとして急がれているのです。保育士の仕事は、多くの人に求められています。

保育士の仕事はモチベーションの維持が大切

施設が足りないということはともかく、何故いつも求人が多くあるのかという問題もあります。それは子供の保育という仕事が、世間で考えられているほど簡単ではないからです。施設によっては、ゼロ歳児から預かりますというところもあります。つまり乳児から幼児までを、預かるのです。子供が好きだからだけでは務まらないのが、保育士の仕事になります。突然発熱する子供や怪我をする子供に対しての、素早くて賢い対応も求められるのです。保育士の仕事は、確りとしたモチベーションの維持をすることで長く仕事を続けられます。

保育士の求人はよく見かけます。全国的に共働きが増え待機児童も多いようですので、入園枠を増やしたり保育園の増設をはかっているのでしょう。