CADオペレーターとは

CADオペレーターとは図面を手書きするのではなく、パソコンの図面作成ソフトで書く技術者のことです。慢性的にこの業界は人手不足のため常に求人需要はありますので、CAD技術を習得すれば就職にも非常に有利です。求人は主にエンジニアリング会社や設計事務所からのものが多く、給料も平均以上です。デスクワークが中心のため現場での肉体労働のような体力は必要ありませんが、納期が逼迫している時は残業も必要ですので、長期間ディスプレイ操作できる集中力が必要です。

CAD技術の習得方法

CADソフトで図面を作成する技術を取得するには、独学でも可能ではありますが、やはり限界がありますので専門学校又は一部の工業高校でも授業がありますので学校へ行く方が早く習得できます。パソコンを操作しながら講師の先生から実践的に指導を受けることで短期間で技術を習得できますが、授業料を払うことが厳しい人ならば職業訓練校で学ぶ方法もあります。その場合失業保険をもらいながら学ぶことができるので中高年の方でも大丈夫です。

CADの就職の注意点

CADオペレーターは人材不足ですので一度技術力を習得すれば食いっぱぐれることはありませんが、就職先の会社選択は慎重にしなければなりません。なぜならば会社によってはブラック企業も少なくないからです。安い給料で無茶な納期で図面を作成させる会社もあり、その場合は長期間残業させられます。就職先の会社が信頼できるかどうかの判断ですが、常に求人を出している会社は避けた方が良いでしょう。また平均勤続年数が低い会社も定着率が悪い証拠なのでやめたほうが賢明です。

CADとは、機械や建築など様々な分野で利用されており、CADオペレーターはCADのツールを使って図面を作成する人です。CADが使用できる事以外にも、図面の知識を必要とします。